知って得する不用品回収業者

信頼できる明朗会系の不用品回収業者を選ぶポイント

信頼できる明朗会系の不用品回収業者を選ぶポイント 急な引っ越しや、部屋の模様替えなどで出た大量の不用品は、回収業者に引き取ってもらうのが便利です。しかしいざ頼むとなったときに、「この業者を信用してもいいのだろうか。料金をふっかけられたらどうしよう」と不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、明朗会計で信頼できる業者選びのポイントについてお伝えしていきます。

業者選びのポイントは、料金やサービス内容に曖昧さがないこと

業者選びのポイント 信頼できる明朗会系の不用品回収業者は、料金やサービスの内容を利用者にわかりやすく明確に設定しています。その場合、チラシやホームページで営業所の住所や連絡先が明記されているか、また確かにそこで営業しているかどうかが、まず第一にチェックするポイントです。

料金設定が明確かどうか確かめることも大切です。その場合パック料金が設定されていたり、単品の処分料金が明示されていたりと、ケースごとに丁寧な説明が加えてあれば信頼度を高めてもよさそうです。

オプションについての説明がしっかりしているかどうかも注目したい点ですまた、オプションについての説明がしっかりしているかどうかも注目したい点です。回収にはアクシデントがつきもの。万が一破損などがあった場合の補償についても明記されているようであれば、丁寧で誠実な仕事内容が期待できるでしょう。

警戒しなくてはならないのが、応相談という曖昧な表現。その場その場で対応が変わる恐れがあり、「こんなはずじゃなかった」と後悔を招くことにもつながります。そうならないためにも、事前にしっかりと内容は確認しておきたいところです。

同様に、無料で行いますという言葉にも要注意。つい言葉のお得感につられて依頼した後で、「ここまでは無料だが、それ以上は有料になる」などという不誠実な業者もいないとは限りません。見積もりの内容も含めて、その業者は曖昧な表記や表現をしていないかどうか、しっかり見極めることが必要です。


曖昧なところがあればどんどん質問を

明朗会計系の信頼できる不用品回収業者は、仕事内容や料金の説明がシンプルで分かりやすいという特徴があります。
仕事を依頼する際に、少しでも疑問点があれば、しっかり質問をしてみましょう。そのうえで納得する回答が得られないようなら、その業者には警戒するのが無難です。料金もサービス内容もしっかりと説明をしてくれる、それこそが信頼できる回収業者といえるでしょう。


不用品回収に立ち合いは必要?家族や友達に来てもらう方法も

家族や友達に来てもらう方法も 不用品回収に立ち合いは必要 不用品回収業者を利用する際、気になることの1つが立ち合いの有無ではないでしょうか。不用品を捨てる方からすれば立ち合いは少々面倒だと感じるかもしれません。また、都合がつかなくてどうしても立ち合いができないという場合もあるでしょう。この記事では、不用品回収で立ち合いが必要な理由と、本人が立ち合えない場合の対処法について説明します。

不用品回収で立ち合いが必要な理由

不用品回収で立ち合いが必要な理由 自治体の不用品回収では立ち合いは不要としているパターンが多いでしょう。しかし、不用品回収業者に依頼した場合、必ず立ち合いが必要としているところもよく見られます。「なぜ立ち合いが必要なの?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。立ち合いが必要な大きな理由は「当日現場で作業料金の支払いが必要だから」です。

自治体では前もって回収料金を納付するのが一般的ですが、不用品回収業者では、回収作業の完了を依頼者に確認してもらい、問題がなければそのまま支払いという流れが主です。立ち合いがなければ料金支払いのタイミングがなくなります。また、作業の完了に関するトラブルを防ぐためという意味合いもあります。

不用品回収の立ち合いができない場合の対処法

不用品回収の立ち合いができない場合の対処法 事情によってどうしても立ち合いの都合がつけられないという人もいるかもしれません。そのような場合は、不用品回収の依頼者本人ではなく、家族や友達に立ち合ってもらうという対処法もあります。本人の代わりに不用品回収の作業状況を確認し、料金の支払いができる人物であればほとんどの業者が了承してくれるでしょう。

ただし、当日現場で行き違いなどが発生しないよう、本人以外が立ち合う場合はあらかじめ業者にその旨連絡しておいてください。


不用品回収の立ち合いは依頼者の家族や友達でもOK

不用品回収の立ち合いは依頼者の家族や友達でもOK 不用品回収業者に依頼した場合、作業完了の確認や当日作業料金を支払う関係で立ち合いが必要になります。
ただし、必ずしも依頼した本人でなければ立ち合いが認められないわけではありません。家族や友達など、信頼のおける人に立ち合いをお願いするのも1つです。業者に回収依頼の連絡をする際、本人が立ち合えない旨伝えておけば安心です。